FX用語集 ア行

用語がわからなければ、前にすすめない?!
わからない言葉はその都度覚えていくと、知識は増えていきます。

【ア行】 【カ行】 【サ行】 【タ行】 【ナ行】 【ハ行】 【マ行】 【ヤ行】 【ラ行】 【英字】


ア行
ザー・ウェイ 相対取引 アウトライト
アゲインスト アシスタントディーラー アスク
アセット アセットアプローチ アナリスト
アマウント 委託介入 1本
イフ・ダン イールド・カーブ インカム・ゲイン
インターバンク市場 インターバンクマーケット ウォールストリート
円キャリートレード 円債 円高
円安 オイルマネー オージー
オー・シー・オー オシレーター系・トレンド系 オーダー
オー・ティー・シー オーバーシュート オーバーナイト取引
押し目 オファー オフシェア
オプション取引 思惑 オルタナティブ投資
終値 隠密介入
ザー・ウェイ
ザーウェイ(Either way)とは、「ビッド」(売値)と「オファー(アスク)」(買値)が同じレートということです。「チョイス(choice)」ともいいます。
相対取引
相対取引(あいたいとりひき)とは、株式市場を通さずに売り手と買い手が交渉し、株の値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法です。また、相対取引のことを「相対売買(あいたいばいばい)」ということもあります。
アウトライト
アウトライト(outright)とは、外国為替の先物取引や直物取引のことを指しています。 売り、又は買いといった片サイドの取引で、当日物(バリュートゥディ)、翌日物(バリュートゥモロー)、翌々日物(スポット)などの総称です。
アゲインスト
アゲインスト(Against)とは、市場レート(マーケットレート)で評価した際に保有しているポジションが損失になる状態をいいます。保有しているポジションが「含み損」になっている場合 をアゲインスト(Against)と呼びます。「評価益」が出ている場合をフェイバー(Favor)と言います。
アシスタントディーラー
アシスタントディーラー(assistant dealer)とは、ディーラーの補助をする人のことを指します。ディーラーは、自分の判断で売買を行なう権限が与えられていますが、アシスタントディーラーの場合は、自己の判断ではなく、サポートをしているディーラーの判断に従って取引を行ないます。一般的には、アシスタントディーラーとして、経験を積んでから、ディー ラーになります。
アスク
アスク(ask)とは、プライスを提示する側(証券会社)の売り値のこと。オファーと意味は同じです。提示された側(お客様)はそのプライスで買うことになります。【←→ビッド】
アセット
アセットアプローチ(asset approach)とは、為替レートが貿易取引の決済によるものではなく資本取引の動きによって決定されるという理論のこと。資本取引の動きとは具体的にはアメリカの金利が日本の金利を上回ると円を売ってドルに換えるような動き指す。
アセットアプローチ
アセットアプローチ(asset approach)とは、為替レートが貿易取引の決済によるものではなく資本取引の動きによって決定されるという理論のこと。資本取引の動きとは具体的にはアメリカの金利が日本の金利を上回ると円を売ってドルに換えるような動き指す。
アナリスト
アナリスト(analyst)とは、個別の株価や相場全体の動きを分析し、運用者に対して情報を提供する人のことをいいます。大きく分けると、チャート分析などテクニカル要因を活用する人 (テクニカルアナリスト)と、経済統計や経営実態などファンダメンタル要因を元に分析する人(ファンダメンタルアナリスト)がいます。
アマウント
アマウント(ammount)とは、アマウントとは取引金額のことをといいます。 「USD/JPY(ドル円)」の場合、1口あたりの取引単位は1万ドルとなっています。
委託介入
委託介入(いたくかいにゅう)とは、東京市場以外の市場で介入を行う場合は、各国の中央銀行に頼んで介入をしてもらいます。これを「委託介入」と言います。
政府・日銀が主に介入を委託する先は、欧州市場ではECB(European Central Bank・欧州中央銀行)、ロンドン市場ではBOE(Bank of England・英国中央銀行)、ニューヨーク市場ではFED(FederalReserve Bank・米連邦準備銀行)になります。また政府・日銀がこれらの銀行の委託を受けて介入をする場合もあります。
1本
1本(いっぽん)とは、100万ドルのことを指し、インターバンク市場においてディーラー間で取引をする場合の最小単位となっています。
イフ・ダン
イフ・ダン(If done)とは、新規注文と、その注文が成立してできたポジションに対する決済注文が同時に出せる注文方法で、新規注文が成立した直後、自動的に決済注文が有効となります。例「ドル/円130.00円の正指値・買い / If done132.00円の正指値・売り」
イールド・カーブ
イールド・カーブ(Yield Curve)とは、「金利曲線」のことを言います。縦軸に金利の高低を、横軸にターム(期間)をとりますと、「イールド・カーブ(金利曲線)」は右上がりのグラフになりま す。
金利に関する様々な取引では、「短期金利と長期金利の差」が広がる時に、『イールド・カーブ(金利曲線)』が『スティープ』になる、といった表現をし ます。また「短期金利と長期金利の差」が縮まる時には、『イールド・カーブ(金利曲線)』が『フラット』になると言います。残存期間の長短が生み出す利回 り(金利)と期間の関係を表わす「金利の期間構造」を分析する際に利用されます。
インカム・ゲイン
インカム・ゲイン(Income Gain)とは、利子・配当による収益のことを指します。これに対して、投下資本そのものの価格変動による利益(為替差益など)のことをキャピタルゲインといいます。【←→キャピタル・ゲイン】
インターバンク市場
インターバンク市場とは、銀行間取引のことです。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。 参加者は、直接または間接(仲介:ブローキング)に通貨を取引します。
インターバンクマーケット
インターバンクマーケット(Interbank Market)とは、外国為替市場の場合、東京証券取引所のような物理的な取引所ではなく、各金融機関同士が電話やコンピュータなどの通信を用いて行なう取引を総称したものを指すのが普通です。この銀行間取引のことをインターバンクマーケットといいます。
ウォールストリート
ウォールストリート(Wall Street)とは、ニューヨーク・シティにあるビジネス街のことです。NY証券取引所があり、大手の証券会社や銀行が集中しています。
円キャリートレード
円キャリートレードとは、「円資金を低金利で借り入れて、より金利の高い資産に運用する」投資手法のことです。
たとえば、「円ローンを組んで、巨額の円資金を借り入れ、その円資金 でドルを買い、 ドル転した資金で米国国債を購入する」ようなやり方です。
この場合、円金利はドル金利に比べて安いので、米国国債の金利が高い分だけ、金利 差を収益にできることになります。FXのドル円取引において、レバレッジをかけてドルを買い、スワップポイントを得るというのも一種のキャリートレードの ようなものですが、為替レートの変動によっては差損が出る可能性もあることに注意が必要です。
円債
円債(Either way)とは、広義では円建て債券のことです。円建て債券には、日本政府が発行する日本国債や、日本企業が発行する普通社債、外国企業が円建てで発行する円建て外債などがありますが、狭義の円債は日本国債のことを指しています。日本国債は、JGB(Japanese Government Bond)とも呼ばれます。
円高
円高とは、対象通貨(米ドル、ユーロなど)に対して円の価値が上がること。たとえば、1ドル=110円から1ドル=100円になったときのことを指します。【←→円安】
円安
円安とは、対象通貨(米ドル、ユーロなど)に対して円の価値が下がること。たとえば、1ドル=100円から1ドル=110円になったときのことを指します。【←→円高】
オイルマネー
オイルマネー(Oil Money)とは、中東諸国が石油の輸出によって稼いだお金を、先進国の株式市場に投資するなどする際に、オイルマネーの流入などといわれます。需給に大きな影響を及ぼすことがあり、その動向が注目されています。
オージー
オージー(Aussie)とは、豪ドル(オーストラリア・ドル)のニックネームのことです。
オー・シー・オー
オー・シー・オー(OCO:One side done then Cancel the Other order)とは、損失限定と利益確定のオーダーを同時に出し、どちらかが成立したら、その時点でもう一方の注文が自動取消される指値注文。
例えば通貨ペア「米ドル・円」で105.00円の買いポジションを保有しているときに、その決済注文として「108.00円の(利益確定の)売り指値注文」と、「102.00円の(損失限定の)売りストップ注文」の両方を出したいような場合に、このOCO注文を用いることとなります。
オシレーター系・トレンド系
テクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。オシレーター系の方法にはさまざまなものがありますが、共通しているのは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、その反転を予測して逆張りをするためのサインとして用いる点です。
RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなど 様々なものがありますが、それらの指標は上下に振れるグラフで描かれるのが一般的です。一方トレンド系の方法は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために用いられます。移動平均線、DMIなど様々なものがあります。
オーダー
オーダー(Order)とは、注文のことです。注文には成行(プライスオーダー)、指値・逆指値(リミットオーダー)があります。
プライスオーダーというのは、いま出されているレート (アスク・オファー、ビッド)でそのまますぐに買いたい、売りたいという場合に出します。これに対してリミットオーダーというのは、レートを自ら指定して買いたい、売りたいというときに出します。
オー・ティー・シー
オー・ティー・シー(OTC:Over The Counter)とは、相対取引のことです。 取引所を介さない取引全般をOTCと呼びます。
オーバーシュート
オーバーシュート(Overshoot)とは、相場が行き過ぎて動くことをいいます。
たとえば、相場がチャート・ポイントを飛び越えて上昇・下落するような場合、そのラインを節目として置かれていた 「損切り注文」(損失を覚悟して、買いポジションを売り、売りポジションを買い戻すこと)を巻き込んで、過度に上昇・下落するようなことがあります。この 場合、過度に上昇・下落した部分は一時的なものですから、相場がオーバーシュートした後には、「揺り戻し」(行き過ぎた値動きの修正が起こって、相場が反 対に振れる)こともあります。
オーバーナイト取引
オーバーナイト取引とは、その日のうちに決済せず、 翌日まで持ち越すポジションをとる取引のことをいいます。
押し目
押し目(おしめ)とは、価格(取引レート)が上昇する場合でも、一定のリズムのもとで、軽く下落している局面があります。
全体としては価格(取引レート)が上昇している場合に見られる軽い下落や現象を「押し」または「押し目」と呼びます。
英語では「押し」「押し目」のことを、“dip”と言います。英語で「押し目を拾え」は “Buy on dip.”と表現されます。
オファー
オファー(offer)とは、通貨を売買するに際しては、一方が売値と買値を提示し、もう一方がそのプライスが妥当だと思えば、売り買いに応じます(2ウェイプライス)。
オファーとは、プライスを提示する側の売値のことです。「アスク」と同じ意味で、提示された側はそのプライスで買うことになります。一方、プライスを提示する側の買 値のことを、「ビッド」といいます。【←→ビッド】
オフシェア
オフシェアとは、陸地から離れた沖合いという意味で、オフショア取引とは、非居住者から調達した資金を非居住者に貸し付けるなど、原則として運用・調達とも非居住者と行なう取引のことをいいます。
そのように、自国の国内市場とは区分して、外国との取引のみを行なう市場を、オフショア市場といいます。
オプション取引
オプション取引とは、オプションとは、ある一定の商品を一定の取引期間内に一定の価格で売買する権利のことを指し、その権利には『コール・オプション(買う権利)』と『プット・オプション(売る権利)』があります。
それぞれの権利に対して売買が行なわれ、これをオプション取引と言います。
ある商品の価格が上昇すると予測すれば『コール・オプション』の買い、 もしくは『プット・オプション』の売りとなり、逆に価格が下落すると予測すれば『コール・オプション』の売り、もしくは『プット・オプション』の買いを行ないます。
思惑
思惑(おもわく)とは、いろいろな理由で、「相場が上がるだろう」あるいは「相場が下がるだろう」と考えることをいいます。
オルタナティブ投資
オルタナティブ投資とは、投資信託、譲渡性預金、株式や債券への直接の投資以外の投資のことをいいます。
芸術作品や骨董収集、商品や商品を対象としたファンド、デリバティブ関連商品、為替取引、ヘッジファンド、石油やガス、貴金属、不動産などが含まれます。
終値
終値(おわりね)とは、外国為替市場には、東証のような取引所はないため、取引終了時刻というわけではなく、東京市場の場合は、東京時間で夕方5時のレート、ニューヨーク市場の場合は、ニューヨーク時間で夕方5時のレートのことをいいます。
ちなみにFXの場合、1日というのはニューヨーク市場の終了を基準に区切っています。 【←→始値、寄付】
隠密介入
隠密介入(おんみつかいにゅう)とは、財務省・日銀が「介入」を公表しないで、 隠密裏に行なうことを、俗に「隠密介入」あるいは「覆面介入」といいます。

ページのトップへ戻る