バイナリーオプションの取引の種類

一口にバイナリーオプションといっても、取引の種類はいろいろあります。
よく耳にする、主な取引をご紹介します。

バイナリーオプション ハイ&ロー型

バイナリーオプションの一番シンプルで初心者にわかりやすい取引です。
取引スタート時の為替レートが現在の為替レートより、円安ドル高になる予想するなら「HIGH」
円高ドル安になると予想するならで「LOW」です。

わかりやすいので最初はハイ&ローから始めれられると良いと思います。
殆どの会社で対応できます。
1日に取引できるチャンスがたくさんあるので、忙しい方にもおすすめです。

もし予想が当たると、ペイアウト倍率によっておよそ1.8~2.0倍となって返ってきます。 会社によってこのペイアウト率は違います。


ワンタッチ型

判定時間までに予想したレートに到達するかしないかを予想します。
到達すると予想して、一度でも予想レートに到達(タッチ)すると、判定時間を待たずに勝ちが決まります。
一度タッチすると、あとは何度タッチしようが勝ちになります。

ハイ&ローですと判定時間に予想したとおりになっていないと負けですが、ワンタッチ型は判定時間までにタッチすればいいので簡単に思うかもしれません。

実際はスタート時から予想するレートは遠いほど当然難しくなるので、遠いほど返ってくるお金は高くなります。 簡単に到達できそうなレートだと倍率は少なめになってきます。


レンジ型

あまり為替相場が活発でない時、決められた上限と下限の範囲(レンジ範囲)からははみ出ないと予想される時に有効な判定方法です。
レンジ型の場合はレンジ範囲内から出るか出ないかで、ペイアウトが発生するか(勝)か発生しないか(負)が決まります。

スタート時から判定時間までに、上限でも下限でもどちらでも一時でも到達してしまうと負けになってしまいます。