FXって何?外貨預金の違い

FXとは、為替レートの変動を利用して利益を得ることを目的とした取引のことをいいます。
一番身近でわかりやすい取引としては円と米ドルの取引かと思います。

単純に1ドル=100円の時に米ドルを千ドル分買ったとします。
この場合、日本円で10万円が必要ですよね。
それから1ドル=105円の時に売ったとします。
利益は、5円 x 1000 = 5,000 円となります。


安い時に買って、高い時に売ると利益が出る。
でも、これって普通に外貨預金しておきのと同じじゃないか。と思いますよね。

FXと外貨預金と大きく違うところは、
自分が預けたお金以上の取引(レバレッジといいます。)ができるところです。

前の例で言うと、
10万円のお金で100万円分買ったと想定した取引が可能である。
というのがFXです。
ちなみにレバレッジは10倍ということになります。

同じく10万円の資金で10倍のレバレッジをかけて1万ドルを買い
同じ状況のタイミングで売ったとすると、
利益は5円 x 10,000 = 50,000円 となりますね。

普通に外貨預金していた5,000円の利益の時と比較すると、10倍の利益がでました。

同じ10万円を資金に投資したとしても、
FXならばレバレッジをかけて大きく儲けを手にすることができる可能性があります。

これは、大きなFXの魅力でもありますが、もちろん損をした場合も大きくなるのでリスクも理解しなくてはいけませんね。レバレッジをどの程度かけるかは慎重にならなくてはいけません。
 次の記事→ レバレッジとは?