FXのレバレッジってなに?

FX取引をしていると出てくる「レバレッジ」という言葉。てこの原理とも言われますすね。
FXの取引ではいったいどういうことなんでしょうか。

【1ドル=100円の時に米ドルを1万ドル分買ったとします。】

この場合普通の外貨を買うだけなら日本円で100万円が必要ですよね。
ですがFXの場合は100万円出さなくても通貨が買えたと想定して取引ができます。

100万円を10万円の証拠金で取引する場合、レバレッジが10倍
100万円を5万円の証拠金で取引する場合、レバレッジが20倍ということになります。

それから1ドル=105円の時に売ったとします。
利益は5円 x 10,000= 50,000円となります。

レバレッジが10倍であろうと、20倍であろうとこの50,000円の利益は変りません。

では、逆に損した場合はどうなるのでしょうか。
それから1ドル=95円の時に売ったとします。
利益は-5円 x 10,000= -50,000円となります。

レバレッジが10倍であろうと、20倍であろうとこの 50,000円の損失は変りません。

マーケットによっては、復活してまたドルが高くなってくるのかもしれません。
ですが、レバレッジ20倍で取引した場合、5万円しか証拠金を入れていないので、
この取引で証拠金がゼロになってしまいます。


こういった場合強制的にロスカットされて証拠金はなくなり、
もうこれ以上取引ができなくなります。

逆に考えると、早めにロスカットされる高いレバレッジの取引はリスクを減らしてくれるという
良い点があるとも考えられますね。

ですが、人間の心理としてどうして損を回避したいという気持ちがあるのも事実。
追証をして証拠金を増やしてしまい、気付けば借金地獄になってしまう可能性もあります。

そこは冷静に自分でルールを決めて取引するのが安全かと思います。

ロスカットに関する基準は各FX業者によって異なりますので、
口座を開かれる方はチェックするとよいでしょう。

あ~FXってやっぱり難しい。という人に
スワップポイントで儲けるという方法がありますよ。
次はスワップポイントについて説明したいと思います。