FX取引のリスクについて

FXは簡単に始められますが、リスクを伴う取引です。
これからFXを始める。という方にとってリスクを前もってイメージしていただける例をご紹介します。
あえて計算しやすいわかりやすいレートにしています。

【FX取引で儲けた場合】※レバレッジ10倍として
10万円の証拠金を入れる(担保となるお金)
1ドル=100円のときに100万円分のドルを買う(1万ドル)
↓順調にドルが高くなる。
1ドルが105円になったときに決済する。1万ドルは105万円になります。
115万円-100万円 = 15万円
15万円儲け
こんなトントン拍子でいけばよいですが、これがうまくいった例ですね。

【FX取引で損した場合】
10万円の証拠金を入れる(担保となるお金)
1ドル=100円のときに100万円分のドルを買う(1万ドル)
↓残念ながらドルが安くなる。
1ドルが90円になったときに決済する。1万ドルは90万円になります。
95万円-100万円 = -5万円
証拠金5万円になる。

これが失敗例です。

じゃあ、決済しなければいいのじゃないか!またドルが高くなるのを待てばいいじゃないか!
と思うことでしょう。
そうはいかないのです。これ以上ロスが増えると証拠金を増やさなければFX業者は取引を
続けさせてくれません。

上の例で言うと、10万円の証拠金に対し5万円というもう半分の損失が出ています。
これ以上損を増やさせないためにロスカット(損切り)させられるということです。

再びチャンスが来るかもしれない!と思って証拠金をむやみに増やすのはよくありません。
初心者が陥りやすい罠で、証拠金を入れるための借金をするなど破滅に向かってしまいます。
これが本当の失敗例かもしれません。

FXのコツは、「読みがはずれた。」とわかった時点ですぐに決済しロスを少なくすること、
そしてもっと有益な取引へと目を向けること
です。

FXの取引の種類←前の記事   次の記事→ FX口座の開設の仕方